今日はいつもの男友達Dちゃんと、映画を観に行った。

「猿の惑星」に連れて行けというメイッコを巻いてGO!車

(暴風域に入りかけてるので今日は車)


映画は20時過ぎなので、まずは昼飯をと蕎麦屋へと。



Dちゃん、看板メニューをチェック!(初めて行くところだ【みのり】)

俺は「盛りそば」Dちゃんはお店のオリジナルの温かいそば。



「うん、美味い」

「もりも美味いよ、ハイ交換」


俺は仲の良い友達と飲んだり食ったりするときはシェアするタイプ。

そのほうがいろいろな味を楽しめるからねグッド!

(でもマナーと気遣いは重要。あと、性格上シェアしたくない人もいるから^^)


「よっしゃDちゃん、この後は実らせに行くか!?」

「オッシャー!」


と、浅はかな2匹はボートピア朝倉へGO!




結果はというと・・・




2人共綺麗に散った・・・。

(まぁ、5千円くらいだけどね♪)



そして本日のメインイベント、「蜩の記」





~感想~

まずは若いカップルがデート感覚で観に行くものではない。

ある程度、「人生の苦しさや理不尽さ、そして無償の愛」が解っていないと見る意味が無い。

あ、いや、これを観て考える脳があるならデートでも良し!


この映画はね個人が評論するべきものではない。

「観るのではない。感じてくれ」

ということでした!


まぁヒューマンドラマだから、自宅でDVDを借りてじっくりと見るのもいいと思う。