M子のマンションへ到達。


寒い!!



ピンポーン。


「俺、入れて!」



と入った。




「インフル治ったんんじゃないのか??」


「うん」


「風邪でもひいたか??」


「いや・・・」


「まぁ、寝てなさい^^」





また梅カユをつkって食べさせる。



「ご飯はちゃんと食べなさい」


「うん」




で、抜け出してたからレモンのシロップを枕元に置いて


「何かあったら連絡しておいで^^」



と、お別れ。




店に帰還した。


でも心配だ・・・




病気の時って不安だもんね・・・




俺は子供の頃、2段ベットの下に寝てた。


熱がでると、「上からパンの生地みたいなのに押し潰される夢」を見てた・・・




怖かった。


息が出来なくなって汗まみれだった。





話がそれた^^;



アディオス!