昼過ぎに知り合いからTELが。



「はい」


「あ~、わしだけど」


「どしたんです??」


「いやぁ~、マスター(俺)自転車に詳しかったよね?」


「あぁ、まあまあですが・・・」


「ちょっと見に来てくれないかな?? ブレーキが効きっぱなしになって困ってる」


「いいですよ。 住所は?」



という流れに・・・



おじさんなんだけど、電動自転車を買って乗り回してるみたい^^


お客さんでもあるので救助しに行こうと準備してたら、なにか視線が・・・



(・・・メイだ・・・じっと見てる・・・気付かないふりだ・・・ヤバイ、近づいて来てる)



「ブーくん! どこにいくの??」


「ちょっとお仕事あせる


「うそ! きこえてたもん!」


「いく??」


「うん!!」



と、使えない助手を乗せて出動ロケット



場所がわからないのでナビに誘導してもらいながら向かう。



が・・・明らかに遠回りのルートをとってるので無視してたら、


「ルート変更いたします」


と、何回も言いやがる!



あげく、中途半端なところで、


「目的地周辺です。終了いたします。ありがとうございました」



・・・どこ、ここ??



結局またTELして、なんとか合流したけど・・・


(チャリはあっという間に修理完了クラッカー



帰り道、


「ブーくん、このナビの言うこと聞いたらだめだね^^;」


と、メイ。



「そう、カーナビは人生の縮図。 言うことばかり聞いてちゃだめだ。


自分を信じて進め! たとえ間違ってたとしても、そこでの経験はいつか自分の身になり


豊かな人生へとつながるんだぞ!」



って、横を見たら寝てた・・・