13年前。


悲惨な事件が起きた。




本村さんの嫁と子供の殺人事件だ。




事件内容は残忍なので書かないが、自分が家に帰って迎えてくれるはずの家族が見果てぬ姿になってたら、


出所を待って俺は犯人を殺しかねない。




彼は立派だ。



憤りをこらえ、司法のありかたを変え、そして死刑ということを突きつけた責任すら感じてる。




だが、問題なのは「終身刑」というのがないのだと思う。



死ぬまで刑務所で罪を償うシステムがないと、この先裁判員に選ばれた人も


死刑という判決はつけがたいだろう。




裁判官に言いたい。



「更生した人間が家の隣りに住んでも不安はないですか?」



と。