プレゼントありがとう!


一着はノンちゃんでした。(感謝)



でもみんな、気を使わないでね。


メッセでOKグッド!



気持ちがありがたいからね!!




では、記事に。




昼過ぎ、メイッコが帰ってきて騒いでた。



「ぶーくん! キッチンにクモが!!」


「ん? あのクモさんはゴキブリを退治してくれるからそのままにしておきなさい」


「ちがうの! 糸が途中で切れてるの!」


「ん? どれ・・・あぁ・・・これ換気扇の油が垂れて糸みたいになってるな。 明日掃除するか・・・」


「なんだ。 落ちちゃったのかと思った」


「うむ、うちには守り神のクモがいるからな」


「でも急にいたらビックリするよ? スパ君」(クモの名前がスパ)


「君、クモの糸の話を知ってる?」


「ううん」


「地獄に落ちた罪人がいたんだけど、生前にクモを殺さなかったことがお釈迦様の目に止まって、


そいつを助けてやろうと一本のクモの糸を地獄にいるそいつに垂らした。(長文面倒くさい、音声で


文字にしろ! ってかこれを打ってる俺もバカ?)


そいつはその糸を登り始めたのだが、後から後から人がくるので糸が切れないかと思い〔ついてくるな!〕


と言った。


するとその糸は切れて、みんな地獄にもどりました。



どう思う?」



「ん~~・・・自分のことだけ考えてちゃいけないってこと??」


「うむ。 簡単な正解だけど俺は違う。 上がらせるだけ上がらせておいて、最後は切る。


だって悪いことをしたらそれなりの罰を受けないといけないでしょ? ハガレンの等価交換みたいなものだ」


「よし! じゃあスパ君、大事にするねアップ


「・・・こりゃ伝わってないな」