昼寝てると「メイッコローラー」で起こされた・・・


「メイッコローラー」とは寝てる人間に対し、横に寝転び転がってくる奥儀だ。(伝授したのは俺なのだが・・・)




「うお! なんだよぉ~・・・ぐぅぐぅ


「学芸会の出し物の案がでないのぉ~・・・」


「さるかに合戦でもしたらいいじゃん・・・ぐぅぐぅ・・・」


「もお!! あたしの事、もっと真剣に考えてよぉ!」


「君は結婚を催促する彼女か・・・汗


「なんかない??」



「ん~~・・・まずな、取り組み方が間違ってる」


「?」


「考えてても行き詰るから、まずはいいか悪いかなんかは無視して、出来る事をどんどん書いていくの」


「うん・・・」


「これはクラスのみんなもしてもらって、みんなが書いた紙を集めて集計するの」


「ふむ」


「で、一番や二番になったことがクラスで出来そうなことやしたい事っていうこと」


「なるほど!」


「あとは多数決で、決まったことに突き進むだけだろ? 一人の考えなんて行き詰るのが当たり前なの」


「おおー! 月曜日にみんなに言ってみる!」


「俺のアドバイスというところを忘れないように!」


「あたしの発想ってことにしよ音譜


「はいはい・・・ぐぅぐぅ




三人寄れば文殊の知恵ってのがわかっておらん。




「ぶーくん、遊びにいこ音譜


「やだ・・・二日酔いだし夜の仕事いそがし、ぐえっ!」


「ローラーだぁ~~」


「こらこら!」



「あ! ぶーくんオッパイさわったでしょ??」


「ん? 君のはオッパイではなくてチッパイなの」


「なんと!!」


「チョロQでも登れるぞ?」


「ばかぁ~~!!」



その後、レディを傷つけたということでラーメンを食いに連れて行かされた・・・ラーメン