四国は愛媛今治に在住の44オヤジです。姪っ子は社会人になり、内容は自分の日記になっていますのでご了承ください。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大崎下島「もも旅サイクリング」でハプニング・・・


前回のつづき)




「さて、時間もあることだしどこか行こうか」


「見るところは見たから、坂道にぶち当たるまで海岸線を走ってみる?」


「お、ブースケそれいい!」


「GOGOGO~!」



と、大崎下島を反時計回りに走って、坂になってたらUターンということに。



「結構走ったけど、坂は無いな」


「走りやすいねグッド!


「うん」



そして30分後・・・



「これ、下手したら一周するんじゃないか!?」


「どれどれ・・・」


とMAPを広げる。



「ん~・・・一周するかも・・・」


「こうなったら一周するか!」


「おーーー!!」



しかし、地図上とは違い道は蛇行してるのでなかなかたどり着かない・・・



「まだか?」


「まだか??」


「これで最後に坂だったとしてもUターンは出来ないぞ!? ブースケのせいだ!」


「あはは、当たって砕けろじゃ!」



で、30分ほど走り続けると高灯篭が見えた!



ドS男の生きる道


帰ってきた・・・




ここの町並みがこんなにも愛おしい。




「ごめんよララァ・・・僕にはまだ帰れる場所があるんだ・・・」



(結局30K弱走ったみたい汗




そしてそろそろ港へと向かうかということになり出発。


港までは8Kほどで近いのですぐに着いた。



「まだ1時間ほどあるなぁ」


「何して時間潰そうか?」


「まぁまずチケットを買っておく?」


「だね」



と、待合所に行き時刻表を確認してたら大変なことに気付く。



最終便は旅客船・・・ということは自転車は乗れない!!



「おい!! フェリーは終わってるぞ!」


「マジか!!」


「泊りか??」



そして切符売り場のおっさんに、大三島まで行く方法はないかと聞いたら、


「ん~、間に合うとは思うけどなぁ・・・」


と交通手段を教えてくれた。



ドS男の生きる道

・俺たちがいるのは「岡村港」


・戻ってフェリーで「明石港」


・また走って「木江港」



時間がない!!



急いでチャリに乗り込みダッシュ自転車


↑こんな絵文字くらいのスピードではない!!



なんとかフェリーには乗ったが次の島の道のりは全く未知。



一応、売り場のおばさんに道は悪いかと聞いてみたのだが、


「あ~、全然大丈夫よ」


とか言ってたので信じるしかない。



(長くなるので続く)


コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

プロフィール

ブースケ

Author:ブースケ
~ようこそ~
愛媛県今治市のしまなみ海道の情報や、メイッコとの珍生活、おもしろ動画などUPしています!

スポンサーリンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。