巷で五木ひろしの「夜明けのブルース」が流行ってる・・・


夜明けのブルースは松山市の二番町が舞台である。



若い頃はよく行ってたけど、最近は全くだ。



あの街で飲み、酔っ払い、ケンカをして、ボッタクリにあい、と青春を謳歌してた。


懐かしい思い出だ。



今ではすっかり丸くなり、よそでは酔わないように気を付けてる汗


(気を付けてるのだが・・・)




夕方メイッコが現れて、



「ぶーくん、がらけーってなに??」


「ガラケーのことか?」


全く、どこでそんなニッチなワードを拾ってきたのやら・・・



「ガラケーってのはガラパゴス携帯の略語」


「ガラパゴス?」


「閉鎖されてる島ってことで、日本をガラパゴスに例えて、日本産の携帯をガラケーって呼んでるの」


「ほほぅ~、じゃあ私のもガラケー?」


「だね」




俺はメイッコのウィキペディアか汗



しかし、新語ってどんどん出来るからついていけないよな・・・