お久しぶり!


何をしてたかって!?



仕事さ・・・。


自営業は不定休であります!



で、この前の盆に友達らとBBQした時の話。



いつもの3匹で到着したのだが、一番乗り。



ドS叔父とメイッコの生きる道


俺は早速転んでヒジに怪我汗



「おいブースケ、大丈夫か!?」


「おう、前のカサブタが取れただけ」


「流血してるぞ・・・」


「おや、まあ大丈夫」


「お前の大丈夫はあてにならん」


「ふふ」



などとしてると後続隊が合流。


そしてBBQ開始し、お腹がいっぱいになった子供たちは海へ・・・



ドS叔父とメイッコの生きる道


(この状態を今治では「まぁまぁ多い」という)




俺もしばらく見ていたのだがちょっと行ってみることにして砂浜と格闘パンチ!


(膝が悪いので踏ん張れない)



で、なんとかみんなと合流波



「お? ブースケ、膝が悪いから溺れるぞ!?」


「バカチン! 水に入ればこっちのものだ!」


「まぁ、これ持っておけ」



と、子供用のビーチボードを渡されたので波打ち際でテーブル代わりにして飲んでると・・・




なにやら明らかに視線を感じる・・・


横目で見ると、浮き輪に乗った5才くらいの女の子が接近してきてる・・・



(気のせいだろ・・・うん、気のせい)


いや、気のせいではなくその子は確実に俺を狙ってたドンッ



「おじちゃん、こんなところでお酒のんだらよっぱらうよ?」


「ん? あぁ・・・大丈夫グッド!


「ひとりなの?」


「いや、お友達らと一緒だよ」


「なまえはなに??」


「ブースケだよ」


「じゃあぶーすけくん、マナとあそぼうよ!」


「お父さんたちは?」


「あそこで手をふってるひとたちと来たの」


「ん? あ、あのグループね?」


「うん、あそぼうよ!」


「でもなぁ・・・手を振ったものの、どうやって遊べばいいのか・・・」


「足がつかないところまでつれていって音譜


「う~ん・・・」



と、押そうとしてそこで気付いた。


首に刺青・・・


考えてみればマナちゃんグループはカタギではない。


ジェットを2台置いてるし・・・



(これはマズイ、何でおれは危ない方々と関わるのだろう。 そ~っと逃げよう、みんなの元へ帰ろう)



と、こっそり移動してたら、



「ぶーくん! 浮き輪おして!」


「はいマナさん!」



まぁすぐに飽きるだろうと押してたら、危ない人達の子供が2人追加汗



「マナ~! 何してるの~?」



(いえいえ、マナ様は俺をどう料理しようかと考えてる途中なのですが・・・)




で、当たり障りないように遊んでたら本部からオジサンが遊びにきた。(刺青入り)



「もう! じいはくるな~! ぶーくんとあそんでるんだから!!爆弾


「だってぇ~・・・」




(やめて、俺の名前を出さないで~~)




じい、


「わがままですまんな。 でもちゃんと見ててや」


「は、はい・・・おーい、マナちゃ~ん」




その後・・・BBQのところに帰れるわけでもなく、波打ち際で子供の相手。



「あー! ぶーくんのくちびる、むらさき~~!」


「ほんとだー!」




(誰がした? 寒いのは当たり前、2時間は海の中・・・しかし親っさんの逆鱗に触れたら一生水の中・・・)



でも最後はみんな仲良く帰宅グッド!







映画/音楽携帯情報教育/教養詩/日記教育/教養