昨日、中3のメイッコに久しぶりに会った。



「ひさしぶ、っておい! なんだその化粧!?」


「うん?」


「ナチュラルな方が絶対に可愛いぞ? ってかつけまでかすぎ・・・」


「そう?」




・・・はっきり言ってかなり不細工になってる。


元々はそこそこ可愛いのだから下手にいじる必要ない。


無駄に乳だけ育ってからに!



その後、軽く会話したのだがもう見る影もない汗



子供の頃は可愛かった・・・


だがどこで設計図を間違えたのだか・・・




で、みんなから、この子が受験勉強を全くしないと聞いてたので、


「聞いたけど、高校に行きたくないんだって?」


「だって、面倒くさいし」


「バカチンが! 社会に出たほうがもっと面倒くさいんだぞ?」


「だって・・・」


「そうやって逃げて済むのは夏休みの友だけでな、」


「じゃ! 暗くなってきたからバイバイ!!」



・・・ムカツク。



(そんな態度じゃあ、後悔したときには誰も助けてくれないぞ!)




まぁ、アホな連中とつるんでるらしいから、なるようになっちまえってんだ!!





で、仕事が休みだったので家で飲んでたビール


するとスマホの充電器にホフク前進してくるものが。



「よし! 」


「よしじゃありません! 見えてましたけど!?」


「あふ~ん、キノコを・・・」


「君の使うアプリでどれだけバッテリーを消費するか知ってるのか?」


「ちょっとだけよ」


「ちょっとだけって、カトちゃんか!」


「?」


「まぁいい、ちょっとだけよ」





この子も中学生になったら・・・ゾゾゾゾ・・・



ブルーな叔父でしたダウン