昼、リビングに座って一服してたら得体の知れないものの絵があった。



ドS叔父ブースケとメイッコの生きる道


このメモ帳はメイッコのだな・・・汗



「おーい、そこの小学生。 コレなんだ??」


「お、ぶーくん! 宿題で防災準備するものを書いたの音譜


「じゅ、準備ってうちにこんなのあったっけ?」


「いや、あればいいなって♪ ゾウ型発電ロボを開発したの」


「で・・・このイーコってのはこのマシンの名前?」


「ちがうよぉ~、エコ、エコ!」


「・・・博士・・・つづりが間違ってるのですけど・・・」


「あれ? えへ」


「ところで、どうやって発電するの? この最新型は・・・」


「まずしっぽ型コンセントをさしこん」


「まてぇ~い! 発電するのに電気を使うの?」


「うん」


(アホだ・・・この博士アホだ・・・)


「で・・・タイヤみたいなのがあるけどコードが届かないんじゃあ?」


「大丈夫! 掃除機みたいに出てくるの。100キロくらい」


「・・・(どこに収納だよ)・・・じゃあ最後に、このアンテナがあるってことはリモコン式?」


「もう! このゾウは人工知能なの!」


「じゃあこの電波みたいなのはGPSかなにか?」


「 電気がたまったら、困ってる人にそこから発射するの!」


「バカチンがぁ、感電死するでしょうが!」


「じゃあ携帯電話に発射する」


「壊れるし! ってかこれ発電機じゃなくて兵器だよ、兵器!


被災地支援じゃなくて前線支援だよこのゾウ」


「ん~、もうちょっと改良する」



ったく・・・


意味がわからんドクロ



しかし、コードをはためかせ走りまわり、困ってる人に電気を発射するゾウ型ロボ・・・



みんな! 見かけたら振り返らずに、とにかく逃げろ!!